マルハン、全国規模の軟式野球トーナメント「第7回マルハンドリームカップ」記者会見を実施

マルハンは5日、東京都港区赤坂のTBS放送センターにおいて、同社とTBSラジオ&コミュニケーションズが共同で主催する全国規模の軟式野球トーナメント「第7回マルハンドリームカップ全国ベースボールトーナメント」の記者会見を行った。2007年に始まった同大会にはこれまでに延べ6000を超えるチームが参加。昨年の前回大会には1025チームが参加している。

 記者会見には、大会の応援団として、杉下茂、石毛宏典、定岡正二、槙原寛巳、元木大介の元プロ野球選手が出席。TBSラジオのプロ野球中継「エキサイトベースボール」の記者会見を兼ねており、元プロ野球選手たちは今シーズンの優勝チームを予想したが、全員がセ・リーグを巨人、パ・リーグをソフトバンクという予想で一致した。

 大会会長を務めるマルハンの代表取締役社長・韓裕氏は、「「人生にヨロコビを」を経営理念としており、スポーツを通してヨロコビを提供したいという想いからさまざまな活動をしているが、ドリームカップもそのひとつ。軟式野球の活動が活性化し、野球を通してひとりでも多くの人に幸せになってもらいたい」とコメントした。