ユニバーサル、「フラッシュ」の光文社を提訴

ユニバーサルエンターテインメントは3日、写真週刊誌「フラッシュ」を発行する光文社を、同誌掲載の記事により社会的評価および社会的信用が著しく傷つけられたとして同日、東京地方裁判所に損害賠償の一部を請求する訴訟を提起したと発表した。

 ユニバーサルが問題としたのは、3月19日発売の4月2日号に掲載された「石原宏高と疑惑企業の黒い契約書を入手」という見出しで掲載された記事。リリースでは「全く事実誤認に基づく事実に反する悪質な報道」であると非難している。損害賠償額の一部として、3300万円を請求した。