回胴遊商、大阪府豊能町での環境保全活動期間を継続延長 〜大阪府庁で調印式を実施

回胴式遊技機商業協同組合(回胴遊商)は、大阪府が推進する「アドプトフォレスト制度」を利用した植樹活動が本年3月末に満期を迎えるにあたり、契約をさらに5年間、継続延長することを決定した。回胴遊商は12日、大阪市中央区大手前の大阪府庁本館「正庁の間」において、大阪府および豊能町と3者間で新たに協定を締結する調印式を実施した。

 「アドプトフォレスト制度」は、地球温暖化防止などを目的に大阪府が企業や団体などの事業者と森林所有者との「仲人」となり、放置された人工林や荒廃した森林に広葉樹を植樹して森林の育成を図る制度。大阪府と活動場所となる市町村、そして森林所有者と事業者の4者間で、活動内容や役割分担を定めた協定を締結する。

 回胴遊商は2008年11月、豊能町切畑の竹林において植樹を行って以降、複数回にわたって草刈りや竹(マダケ)の伐採を行い、森林の育成に努めてきた。

 式典では、活動内容が紹介された後、大阪府の小河保之副知事と回胴遊商の伊豆正則理事長がそれぞれ調印書に署名した。回胴遊商を代表して挨拶を述べた伊豆理事長は、「継続することがひとつの環境保全、また地域貢献になるということで、5年間の延長をさせていただいた」と、延長の主旨を述べて、同活動を継続していく決意をあらためて表明した。

 大阪府内では、大阪府遊技業協同組合が同じ「アドプトフォレスト制度」を利用し2010年より大東市龍間において、サクラを中心とする植樹活動に取り組んでいる。同制度による植樹活動は本年3月12日現在、府内30カ所において39社・団体により実施されている。