ギャンブル依存症:横浜であす、考えるセミナー /神奈川

アルコールなどの依存症からの回復を支援しているNPO「寿アルク」は8日、横浜市中区翁町1の新翁ビル3階にある「第3アルク・デイケア・センター」で、ギャンブル依存症の問題や支援方法について考えるセミナーを開催する。

 ギャンブル依存症の家族の相談に当たっているNPO「ギャンブル依存ファミリーセンターホープヒル」の町田政明理事長が講演。その後参加者からの質問に答える。

 寿アルクによると、ギャンブル依存症の相談は増加傾向にあるという。依存症を自覚する人は少なく、回復には周りの家族らを教育することが大事という。セミナーは午後6時半〜同8時半まで。先着50人で、参加費1000円。問い合わせは寿アルク(045・226・2808)