【パチンコ擁護か?】朝日新聞、天声人語の「生活保護者はパチンコも楽しめないのか?」にネットから批判殺到!

■「天声人語」一般人の感覚からズレまくり

2013年3月6日の朝日新聞の「天声人語」がネットで批判にさらされている。

兵庫県小野市市議会が生活保護受給者がパチンコなどのギャンブル浪費を禁止する条例を提出したことを批判した部分である。


小野市ではパチンコだけではなく、競輪、競馬その他の遊技、遊興、賭博に生活保護費を使用することを禁止する条例となっている。

天声人語では生活保護者にもパチンコ楽しむ権利があるのではないかという立場に立ったのだ。


▼行きつくところと言うべきか、兵庫県小野市が議会に条例案を提出した。受給者がパチンコなどで浪費しているのを見つけた市民に通報を義務づけるのだという。耳を疑ったがエープリルフールにはまだ間がある▼筆者と違う意見もあろう。だが、そもそも誰が受給者なのか一般市民には分からない。効果は疑わしいうえ、小野市だけでなく全国で色眼鏡が濃くなりかねない▼生活保護の切り下げについて、受給する女性が声欄に寄せていた。「受給者は楽しみを持ってはいけないのでしょうか。貧しい気持ちを持ったまま、暗く生きていかねばならないのでしょうか」。身に染(し)む声ほど小さく震える。


そもそも、体に障害がある人であっても出来る範囲で仕事をしている。中には本当に生活保護が必要な人もいるだろう。しかし、パチンコができるくらいなら、仕事しろいう意見が出てくるのは当然だろう。

朝日新聞「天声人語」は一般人の感覚からかなりズレているのではないだろうか。


■小野市福祉給付制度適正化条例
そもそも小野市が制定しようとしている「小野市福祉給付制度適正化条例」はどのような条例なのか?

同条例は小野市市議会に2月27日に提出されたものである。

その目的は以下の通り。


第1条
この条例は、生活保護法(昭和25年法律第144号)第6条
第4項に規定する金銭給付、児童扶養手当法(昭和36年法律第238号)第5条に規定する手当額その他福祉制度に基づく公的な金銭給付について、偽りその他不正な手段による給付を未然に防止するとともに、これらの福祉制度に基づき給付された金銭の受給者が、これらの金銭を、遊技、遊興、賭博等に費消してしまい、生活の維持、安定向上に努める義務に違反する行為を防止することにより、福祉制度の適正な運用とこれらの金銭の受給者の自立した生活支援に資することを目的とする。


至極当然の理由である。ここに問題があるとは思えない。遊戯、遊興で生活保護費を消費してまともに生活できないという事態が起こってしまうのは問題だ。

そして実際にそのような問題が起きているから、条例制定の動きがあるのだろう。

まず、天声人語は問題としている「通報の義務化」、「誰が受給者か分からない」という批判は的外れだ。

条例では市民に通報が義務化されているわけではない。


市民及び地域社会の構成員は、受給者に係る偽りその他不正な手段による受給に関する疑い又は給付された金銭をパチンコ、競輪、競馬その他の遊技、遊興、賭博等に費消してしまい、その後の生活の維持、安定向上を図ることに支障が生じる状況を常習的に引き起こしていると認めるときは、速やかに市にその情報を提供するものとする。


分からなければ通報できないのである。そのような状況があれば通報できる窓口を作ったというだけだ。

これがダメなら、児童虐待の通報も出来ないことになる。

不正な受給者を洗い出すために、一つの方法としてやってみる価値はあるだろう。やる前から効果が無いと決めつけるのは早計ではないだろうか?


■ネットでは「天声人語」に批判の声
生活保護制度の改革が求められている。生活保護受給者は増加し続け、その費用は国庫にとって大きな負担となっている。

働けない者、本当に助けが必要な人に助けが行くようなシステムにするためには、不正は許してはいけないのである。

パチンコなどをやっているなら働けということだ。

国民は怠け者のギャンブル費のために税金を払っているのではない。

朝日新聞の「天声人語」はネットでも大きな批判を浴びている。「2ちゃんねる」ではスレッドのニュース系勢いランキングTOPとなり、スレッドはPart3まで進んでいる状況だ。

2ちゃんねる勢いランキング ニュース系


【朝日新聞】 「生活保護受給者は楽しみを持ってはいけないのでしょうか。暗く生きていかねばならないのでしょうか」…天声人語★3

パチンコなどのギャンブルをするくらいなら働けという意見で占められている。

朝日新聞は貧乏で金の無い人間が生活費をパチンコに投入することが良いことだと思っているのだろうか?

パチンコ店が繁盛しないといけない理由でもあるのだろうか?