山佐 「パチスロ戦国無双2」 舞台は関ケ原

山佐(岡山県新見市)は2月18日、東京都品川区のクリスタルヨットクラブで新機種「パチスロ戦国無双2」のプレス発表会を開催した。


 

同機は、コーエーテクモから発売されている人気ゲームがモチーフ。パチスロではシリーズ3機種目となる。

 同社の5号機の礎を築くきっかけとなった思い入れのあるコンテンツ“戦国シリーズ”の最新作は、メーンキャラクターに石田三成、直江兼続、真田幸村を採用。関ケ原の合戦を舞台に、迫力の演出が繰り広げられる。

 また、独創性と新規性豊な新筐体の中身は、ATと呼ばれる付加機能による出玉獲得がメーンの仕様。後継機という概念にとらわれず、まったく新しい“戦国シリーズ”に進化した。パチンコホールへの導入は4月上旬を予定。

 発表会には、漫画家の浜田ブリトニーさんとタレントの松村邦洋さんがゲストに来場。戦国時代や機種に関するトークで会場を盛り上げたほか、発表会の後には会場を客船「レディクリスタル号」に移し、航行する船内で試打会と懇親会が開かれた。