藤商事、「CRゲゲゲの鬼太郎地獄からの使者」プレス発表会を開催

藤商事は4日、東京都台東区東上野の東京支店ショールームにおいて、パチンコ新機種「CRゲゲゲの鬼太郎 地獄からの使者」のプレス発表会を開催した。同機は、藤商事のヒットコンテンツである「ゲゲゲの鬼太郎」シリーズの第5弾。大当り確率385分の1、確変突入率77%のマックスタイプ「CRゲゲゲの鬼太郎 地獄からの使者FPF」1スペックからの発売となる。納品予定日には5月6日が予定されている。

 発表会では、同社営業戦略室販売促進課の上平ひかり氏が、新機種のポイントとプロモーション展開について解説。コンテンツは新キャラクターが登場する完全オリジナルストーリーとなっており、キャラクターを2Dアニメーションで表現、背景映像の一部にCG映像を取り込む。また、同社初の「W(ダブル)スタートチャッカー」を採用しており、8個保留が可能になるとともに、左右で振り分けの異なる抽選をたのしむことができる。電チュー保留の左「スペシャルルート」からの大当りでは、16R比率50%となる。発表会のフォトセッションには、同社プロモーションガール「FUJI7GIRLS」の7人が集結し、カメラの前でポーズをとった。

 一般ユーザー向けのプロモーション展開として、前作導入時の2011年に展開したWEBコンテンツ「鬼太郎ランド」を、「帰ってきた鬼太郎ランド」としてリニューアルオープンさせる。