奥村、「ぱちんこCR B・B」新機種発表会を開催 〜ゲストにWBC世界スーパーフライ級王者・佐藤洋太選手が登場

奥村は20日、東京都台東区東上野の同社東京ショールーム「奥村遊館」において、パチンコ新機種「CR B・B(BURNING BLOOD)」のプレス向け発表会を開催した。

 タイアップの「B・B」は、1985年から1991年にかけ「週刊少年サンデー」に連載された石渡治原作のボクシングマンガ。同機の演出では、原作の登場順に対戦相手が登場する「闘神バトル」と、対戦相手が予測不能な「天敵バトル」の2つのバトル演出から選択可能な「ダブルバトルシステム」が搭載されている。

 発表会では、現WBC世界スーパーフライ級王者の佐藤洋太選手が登場。スパークリングのデモンストレーションを行った。またパチンコライターとボクシングで“対戦”するというパフォーマンスも披露した。

 同社営業本部・取締役本部長の加納孝氏は、「タイトルの「BURNING BLOOD」は、“燃えたぎる血”を意味している。本機はこのタイトルに負けないよう、ボクシングのバトル演出と壮大な出玉感を目指し開発した」と挨拶。つづいて登壇した同社商品開発部・執行役員部長の平田宏樹氏は、「バトルを存分に堪能できるよう、電チュー3個の旧内規仕様、高継続率、電サポ中の54%を2000発大当りとして、高い出玉設定にこだわった」と開発コンセプトを説明した。

 発売されるスペックは、大当り確率397.2分の1、確変突入率77%のマックスタイプ「CR B・B Z2」と、大当り確率299.3分の1、確変突入率72%のミドルタイプ「CR B・B M」の2スペック。納品予定日には3月31日が予定されている。