オーイズミ、2013年3月期第3四半期決算短信を発表 〜「パチスロ喰霊‐零‐」支持獲得で増収増益

オーイズミは8日、2013年3月期第3四半期決算短信[日本基準](連結)を発表した。戦略商品に位置づけられている「樹脂研磨式メダル自動補給システム」と、「満を持してリリースした」という「パチスロ喰霊‐零‐」の販売が好調に推移し、前年同四半期との対比では大幅な増収増益となった。

 連結経営成績(累計)は、売上高114億6600万円(対前年同四半期増減率プラス68.3%)、営業利益17億8300万円(同プラス150.3%)、経常利益18億1300万円(同プラス154.0%)、四半期純利益10億1300万円(同プラス127.1%)。第3四半期での通期の業績予想に対する達成率はすでに、売上高で89.6%、営業利益と経常利益で95.4%に達しているが、業績予想の修正は行われていない。

 また同社は13日、同日開催の取締役会において、連結子会社のダイシンと同じく子会社のTDMを合併し、ダイシンを吸収合併存続会社とし、TDMを消滅会社とすることを決議したと発表した。合併の目的は、「経営資源を選択的に集中するため」。