ユニバーサル、第三者委「提言」を公開 〜「不適切な会計処理が行われた可能性が高い」

ユニバーサルエンターテインメントは5日、フィリピンのカジノ事業許認可をめぐり当局関係者への贈賄があったとされる問題を調査するため設置した第三者委員会がまとめた「提言」の要旨を公表した。第三者委員会は、4000万ドルあったとされる不透明な資金の流れのうち1000万ドルについて「不適切な会計処理が行われた可能性が高い」と結論づけた。また、過年度決算の修正の要否検討を促すべきとした。損益への影響は8億円強のマイナスとなることが見込まれている。