「日本平桜マラソン」をサポート ABC 2009年から特別協賛

静岡県を中心に山梨や長野にチェーン展開するパチンコホール企業のABC(静岡市駿河区)は、社会貢献活動の一環として運営をサポートしてきた「日本平桜マラソン」の特別協賛を今年も継続すると発表した。

 「日本平桜マラソン」は静岡陸上競技会とテレビ静岡の主催で1985年からスタート。地域活性化を目的としたスポーツ振興イベントに位置づけられる。ABCでは同大会の理念に共感し、2009年からこれをサポート。震災の影響で開催が中止された11年を除き、毎年特別協賛してきた。

 29回を数える今大会には、特別ゲストとして日本のマラソンブームを創りあげた瀬古利彦さんが出場。日本の観光地百選や名勝地にも指定され、桜の名所としても有名な静岡市の日本平を舞台に、23.7キロの距離で競うハーフマラソンや応援ウオーキングラリーと全5種目を用意。いろんな人々が気軽にエントリーできるプログラムになっている。

 他方、パチスロメーカーのアリストクラートテクノロジーズ(東京都千代田区)は1月24日、新機種「絶対衝撃II」の発表を兼ねた先行プレーヤーイベントを東京都千代田区のベルサール秋葉原で開催した。

 イベントには、お笑い芸人の髭男爵や人気声優陣らが応援に駆けつけ、パチスロファンをはじめ多くの人が詰めかけた。新機種は、付加機能(AT)により出玉を獲得していくゲーム性。パチンコホールには3月上旬に導入される。