橋下市長ら6月上旬訪米へ カジノ視察、ラスベガスも

橋下市長ら6月上旬訪米へ カジノ視察、ラスベガスも


 橋下徹大阪市長と松井一郎大阪府知事が6月上旬に渡米し、サンフランシスコやニューヨークなどを訪問することが29日、関係者への取材で分かった。両氏は大阪湾の人工島「夢洲」(同市此花区)へのカジノ誘致に積極的な姿勢を示しており、ラスベガス視察も検討しているという。

 松井氏は29日、15カ国の在関西総領事らとの意見交換会で「6月に橋下氏と米国に行く予定だ」と述べた。時期や訪問先の詳細は明かさなかった。関係者によると滞在期間は1週間程度になる見通し。

 サンフランシスコは大阪市の姉妹都市で、大阪府とカリフォルニア州は友好関係にある。ニューヨークでは、大都市制度の在り方を視察する。

 会合で、松井氏はカジノ誘致に関し、衆院で54議席を持つ日本維新の会幹事長の立場を強調した上で「われわれと志を同じくする国会議員を通じて、早期の法改正に向け政権党にしっかりと提言していきたい」と強調した。