爆破予告で300人が避難*札幌パチンコ店(北海道新聞)


爆破予告で300人が避難*札幌パチンコ店(北海道新聞)


 19日午後9時15分ごろ、札幌市北区篠路3の6、パチンコ店「篠路ひまわり」に、男の声で「爆弾を仕掛けた」と電話があった。同店が客と従業員計約300人を避難させ、通報を受けた札幌北署員が店内を捜索したが、不審物は見つからなかった。同署は威力業務妨害の疑いで調べている。同店は午後10時ごろ、営業を再開した。現場はJR篠路駅近くの住宅街。