カジノに48億円支払い命令、原告が勝訴

越僑(在外ベトナム人)の男性がカジノのスロットマシンで当てた5,550万米ドル(約48億7,600万円)の支払いを求めた裁判で、ホーチミン市1区裁判所は7日、カジノ運営会社が主張していた「機械の故障説」を退け、男性に全額を支払うよう命じた。7日付VNエクスプレスが報じた。

訴えていたのは、米国籍のリー・サムさん(60)。2009年10月にホーチミン市のシェラトンホテル内にあるカジノ「パラッツォ」で、電子式スロットマシンに掛け金300米ドルを投入。何度かハズレが続いた後、大当たりを得た。機械に表示された金額は5,550万米ドル余り。

サムさんはパラッツォ側にこの当たりを承認するよう求めたが、拒否されたため、当たり額が表示された機械の写真を撮るとともに、その場で当たり額を確認した人々の署名を得て証拠に残した。

サムさんは、カジノを運営するダイズオン社の社長に支払いを求める文書を送ったが、「機械の故障が原因なので当たりは無効」との返事が来た。これを不服とするサムさんが民事訴訟を起こした。

7日の判決は、5,550万米ドルと慰謝料10億ドン(4万8,000米ドル)余りを支払うようダイズオン社に命じた。

被告のダイズオン社は、「サムさんが何度も手で叩いたので機械が異常を起こした」と主張したが、裁判所は証拠不十分とした。同社は勝手にスロットマシンを鑑定に出し、有利な鑑定結果を得ているが、原告や裁判所の同意なしに行われた鑑定を証拠として認めなかった。