岩手県遊技業組合が福祉施設に謝礼金贈呈

県内のパチンコ店が加盟する県遊技業協同組合が新年の準備作業のお礼として社会福祉施設に謝礼金を贈りました。
県遊技業協同組合では障がい者の自立を支援しようと、県内のヤクルトグループと協力。
正月3が日にパチンコ店を訪れる人に配る飲み物の容器への年賀シール貼り付けを県内4つの社会福祉施設に依頼しています。
きょうの贈呈式では県遊技業協同組合の秋山照明理事長から4つの施設に合わせて15万円の謝礼金が贈られました。
施設を代表して盛岡アビリティセンターの工藤雅夫施設長は「不安定さがある障がい者の雇用を支えてもらい感謝しています」と話していました。