裸の先輩!氣志團が金爆にアドバイス

氣志團が19日、東京・後楽の東京ドームシティ・プリズムホーホールで行われたパチスロ機「魁!!男塾 〜天挑五輪大武會編〜」の発表展示会に出席し、応援ライブを開催した。

 ボーカルの綾小路翔(年齢非公表)は、“友人”のDJ OZMAが、06年のNHK紅白歌合戦で全裸騒動を起こして「出入り禁止」になったことを引き合いに「我々にとって、このステージが紅白歌合戦です!」と宣言。集まった関係者らから歓声を浴びた。さらに、「今年、宮崎県のイベントに出演させていただいて、先日、NHKで特集が組まれたんですが、我々は“全カット”でございました」と出禁が継続中であることを明かし、笑いを誘った。

 また、今年の紅白歌合戦に出演が決まっており、プライベートでも仲がいいというエアーバンド、ゴールデンボンバーに向けて「彼らもやんちゃを売りにしていますし、やるなと言われたことはやるなということですね」と紅白の先輩としてアドバイスを送った。「ただ、僕らもやるなと言われたことは一切やらなかったんですが、何も言われてなかったことをやったら、ダメだった。だから、やるなと言われてなくても、やるなってことですかね。演出に関しては、きっちりとプロデューサーさんと話し合ってほしい」と付け加えた。

 さらにアドバイスは尽きず、「不審な人が近づいてきたら、一切口をきいちゃいけない。あと、僕は、初めて紅白に出た時、直前に『フライデー』に載りましたし…。女性関係と黒い交際にはとにかく気をつけなさい」とコメント。最後に、「すてきな2013年を迎えてほしいし、今年を皮切りに、向こう30年出続けてほしいな」とエールを送っていた。