ユニバーサル、ロイターによる一連の報道に対し法的措置を検討

ユニバーサルエンターテインメントは4日、11月16日および30日のロイターの報道に対し、明らかな事実誤認であるだけでなく、「悪意に満ちた」ものであったとし、この「偏向的報道」がもたらした損害に対し法的措置も検討していると公表した。

 問題となっているロイターの記事では、ユニバーサルがフィリピンのマニラで建設を進めるカジノリゾートの外資規制の許認可や用地取得のトラブル解決で便宜を受けるため、フィリピン政府および関係機関に対し何らかの名目で4000万米ドルもの巨額資金を提供した疑いがあると報じていた。