バンダイナムコゲームス、業務用ゲーム機への「エコラベル」表示を開始

バンダイナムコゲームス、業務用ゲーム機への「エコラベル」表示を開始、業界で初

バンダイナムコホールディングス傘下でゲームコンテンツ・業務用ゲーム機器企画・開発のバンダイナムコゲームスは、自社の業務用ゲーム機への「エコラベル(環境ラベル)」表示を始める。ゲーム業界で初めての取り組みで、「エコアミューズメント」と呼ぶ。12月上旬に稼働開始を予定する子供向けゲームが最初の製品となる。

 国内で販売する自社製業務用ゲーム機を対象に策定した「環境配慮設計ガイドライン」に基づき、一定の基準をクリアした製品をエコアミューズメントに認定。エコラベルで環境配慮製品であることを示す。従来から進めるLED(発光ダイオード)照明などの省エネ製品採用や、こん包材を削減する省資源化などの活動をさらに進めた。

 環境配慮設計ガイドラインは、安全な素材を利用した化学物質管理▽消費電力削減などの省エネ▽こん包・包装を必要以上に使用しない省資源▽リサイクルしやすい設計――の4つの基準がある。化学物質管理をクリアしたうえで、残り3項目の1つ以上を満たしていると、エコアミューズメントに認定し、本体にエコラベルを貼付する。

 エコラベルには、独自デザインの笑顔のマークとともに、「一定基準をクリアした商品です」などと説明が書かれている。エコアミューズメント第1号のゲーム機は「新幹線はどーこだ?」の名。画面の中から指定された乗り物を探し、タッチして答えるキャラクター探しゲームで、本体に新幹線車両「N700系のぞみ」をデザインした。