ミナミのパチスロ賭博摘発 客含め8人逮捕

ミナミのパチスロ賭博摘発 客含め8人逮捕

大阪・ミナミで客に違法な賭博行為をさせていたとしてスロット店が摘発され経営者の男らが逮捕された。摘発を受けたのは大阪市中央区宗右衛門町にあるパチスロ賭博店「ニューヨーク」で、2年半前から店にスロット台を設置し客に賭博行為をさせていた疑いが持たれている。大阪府警は30日朝、スロット29台を押収し経営者の尹吉秀容疑者(53)ら3人と客5人を逮捕した。調べに対し尹容疑者は「違法性を認識して賭博をさせていた」と容疑を認めているといい、大阪府警は売り上げ金が暴力団の資金源になっていた可能性もあると見て捜査している