沢田グループが大型乳母車を寄付

園児たちの散歩に役立ててもらおうと、パチンコ店や自動車販売などを手掛ける魚津市の沢田グループが28日、市内の保育園に大型の乳母車を寄付しました。

 魚津市の青島保育園で行われた贈呈式には、アンパンマンのキャラクターや動物に扮した沢田グループの社員らが出席し、沢田修宏専務から金坂真智子園長に大型乳母車の目録が手渡されました。

 乳母車は、園児が6人から8人乗れる大きい箱型のもので、先月、グループ社員から募ったお金で購入しました。

 魚津市に本社がある沢田グループは、県内でパチンコ店や自動車販売など8事業を展開していて、2年前から県内の保育園や福祉施設、老人ホームなどに寄付をしています。

 青島保育園は、乳母車を0から1歳児の散歩に使うほか災害時の避難用として使うことにしています。