マルハン、2013年3月期中間期決算短信を公表 〜売上高微増も利益4割弱減

マルハンは26日付で、2013年3月期中間期決算短信[日本基準](連結)を公表した。売上高は対前年同中間期で2.8%とわずかに増加したものの、利益面では営業利益37.6%減、経常利益36.7%減、中間純利益38.8%減と、それぞれ4割弱と大幅に減退させた。2013年3月期の連結業績予想の修正は行われていない。

 連結経営成績(累計)は、売上高1兆727億9000万円(対前年同中間期増減率プラス2.8%)、営業利益176億7700万円(同マイナス37.6%)、経常利益177億6800万円(同マイナス36.7%)、中間純利益102億3300万円(同マイナス38.8%)。

 1株あたり中間純利益は668円45銭(前年同中間期1091円35銭)。連結財政状態は、総資産3220億9400万円(2012年3月期3357億5700万円)、純資産1657億9200万円(同1614億8600万円)、自己資本率51.5%(同48.1%)、1株あたり純資産1万830円7銭(同1万548円77銭)。

 売上高が、前中間連結会計期間より296億1800万円増加したのに対し、売上原価も同期間より397億9400万円増加していたために、純利益が101億7700万円減少した。売上原価増加の詳細は公表されていない。

 2013年3月期(通期)の連結業績予想では、売上高2兆1820億円(対前期増減率プラス5.0%)、営業利益441億円(同マイナス14.4%)、経常利益444億円(同マイナス14.8%)、当期純利益216億円(同マイナス13.1%)が見込まれている