防犯協会に寄付 メモ帳1万冊に 県遊技業防犯協力会/群馬

安心で安全なまちづくりに役立ててもらおうと県遊技業防犯協力会(趙栄日会長)は、県防犯協会(四方浩理事長)に30万円を寄付した。協会は広報用のメモ帳1万冊を作り、県民に配る。協力会の 社会貢献活動の 一環で、現金を寄付するのは 昨年に続き2回目。趙会長は「年末に向けパトロールや各種対策を 充実させ、強盗などに遭わないよう全職員が 気を引き締めたい」と述べた。


 メモ帳には (1)子どもへの不審者対策(2)自転車の盗難防止(3)振り込め詐欺対策―などを盛り込む 予定。協会の岡正雄 専務理事は「大変ありがたい。メモ帳は県警本部を 見学する小学生や、防犯イベントなどでも 積極的に配りたい」と話した。