劇場版ヱヴァ 興収ロケットスタート

17日に公開されたアニメ映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」が、オープニング週末興行収入で本年度ナンバー1の記録を更新したことが19日、分かった。

 公開2日間で11億3100万円を記録し、これまで1位だった「BRAVE HEARTS 海猿」のオープニング3日間の記録・11億1917万円を超えた。前作「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」(09年)との対比率は220%で、「‐破」の最終興行収入である40億円超えは確実。異例の注目度でロケットスタートを切っている。