パチンコ店経営者 1億5000万円脱税 大阪国税局が告発=京都

所得税や法人税計約1億5000万円を脱税したとして、大阪国税局が、府内でパチンコ店を経営する金壮守社長(63)(北区)と経営会社「光永(こうえい)」(向日市)を所得税法違反や法人税法違反の容疑で地検に告発していたことがわかった。重加算税などを含む追徴税額は、計約2億700万円とみられ、既に全額納付したという。



 関係者によると、金社長は1992年7月にパチンコ店運営会社を設立し、個人や同社で3店を京都市内などで経営。金社長が従業員に指示して売上金の一部を除外し、2007年10月から10年12月までの間に、計約4億4000万円の所得を隠したとされる。