「エヴァ」新作映画で企業タイアップ大作戦 全日空、参天製薬、モンテローザ…20社超が続々参加

全日本空輸が15日、羽田空港などで、人気アニメ「エヴァンゲリオン」を活用したキャンペーンを報道陣に公開した。「エヴァ」と親しまれる同作品は新作映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」の17日公開に合わせ、CM活用やタイアップのキャンペーンが急拡大している。大手企業が20社を超え、通常のアニメや映画のタイアップを大きく上回る規模になっている。

 羽田空港の滑走路に、スマートフォン(高機能携帯電話)のカメラを向けると、画面上にエヴァのキャラクターが登場。

 全日空がスマホ専用アプリを活用したAR(拡張現実)体験の取り組みだ。同社利用客は40〜50代のビジネスマンが中心で、エヴァの中心ファン層である「20〜30代にも全日空が面白いことをやってる、と目を向けてほしい」という狙いだ。今年5〜7月にもエヴァでキャンペーンを展開した。グッズ物販や搭乗者増で1億円の増収効果があり、「今回はそれ以上を狙う」(広報室)と強気だ。