パチンコ・アミューズメント企業のアサヒディードはイル・サローネ、エリートを関西・大阪で経営しています。

スペシャルオリンピックス協賛

『スペシャルオリンピックス』とは?開催目的についてご紹介をさせて頂きます。

スペシャルオリンピックス(SO)は知的障がいのある人たち(アスリート)に様々なスポーツトレーニング
とその成果の発表の場である競技会を年間を通じ提供し、彼らの自立と社会参加を応援する国際的なスポ
ーツ組織です。スペシャルオリンピックスの歴史ですが、1962年6月に、ジョン・F・ケネディの妹のユーニス・
ケネディ・シュライバーが自宅の庭を開放して35人の知的障害のある人たちを招いてデイキャンプを行っ
たのが始まりで、日本では、1980年4月に聖ミカエル学院の山本貞彰氏により、神奈川県鎌倉市にジャパン
スペシャルオリンピック委員会(JSOC)が設立され5月にスペシャルオリンピックスの本部から42番目の組織
として認可されました。1983年には第6回夏季国際大会(米国ルイジアナ州バトンルージュ)に初めて日本と
して選手団を送りました。その後JSOCは1992年に解散することとなりますが、現在のスペシャルオリンピッ
クス日本のはじまりは、JSOC解散後、熊本の有志により、新たにスペシャルオリンピックス・熊本が1993年
に設立(細川佳代子理事長)され、その後スペシャルオリンピックス日本 (SON) が国内本部として1994年に
SO国際本部の認証を受け発足、SONは2001年に特定非営利活動法人(NPO法人)の認証を受け、2006年
には認定特定非営利活動法人として認定を受け活動中です(現在の理事長は有森裕子氏)。
現在では、国際本部は米国ワシントンDCにあり、世界175カ国以上で310万人を超えるアスリートが参加し、
75万人を超えるボランティア活動を支えています。2010年11月に大阪でスペシャルオリンピックス日本夏季
ナショナルゲーム(全国大会)が開催されました。大会準備の為昨年4月11日に実行委員会が発足し、大阪
を代表する各界の方々が協力し6月26日に組織委員会が発足いたしました。本大会が契機となり、知的
障がいのあるアスリートと市民ボランティアがスポーツを通じて自然な交流を育むことにより、ソーシャルイン
クル-ジョン(包み込む社会)を促進する一助になることを目指しておられます。