10月の主なパチンコホール経営企業の倒産は1件のみ/東京商工リサーチ

信用調査会社の東京商工リサーチは12日、2012年10月度の主なパチンコホール経営企業の倒産は1件のみ、負債総額は9000万円であったと発表した。倒産件数は、3カ月ぶりに前年同月を下回った。また負債総額が1億円を下回ったのは2011年11月以来11カ月ぶり。倒産企業は、福岡県の株式会社慶和企画で、その倒産形態は任意整理であった。