ベトナム カジノの建前と現実 政府「自国民は禁止」で議論白熱

ベトナムで同国初となるカジノつき統合リゾート施設の建設を機に、カジノをめぐる理想と現実がせめぎ合う議論が激しくなっている。同施設は税収と雇用、そして海外からの投資などを増やしたい政府が認可した総工費42億ドル(約3340億円)の大型プロジェクト。現在、南部の商業都市ホーチミンに近いブンタウで建設作業が進行中で、来年3月に「MGMグランドホトラムビーチ」としてオープンする予定だ。

 ◆ギャンブルは社会悪

 現地紙ベトナム・インベストメント・レビューなどによると、同国政府は今後も統合リゾート施設の建設を推進する方向で関連法の整備を急いでいるが、中でもカジノに関する新法令に注目が集まっている。

 現在、ベトナムにはカジノが7カ所、およびスロットマシンなどのゲーム機を備えたカジノに類する施設が43カ所あり、いずれもホテル内に設置されている。利用者は外国人と、外国の市民権を有するベトナム人に限定されており、政府は「ギャンブルは社会悪」との認識から自国民の入場を禁じている。

 しかし、現実にはカジノで遊興するベトナム人が少なからず存在する。隣国のカンボジアやマレーシア、シンガポールなどのカジノには多くのベトナム人旅行者が訪れており、ホーチミン市内には外国への格安カジノツアーを主催する旅行事務所もあるという。