防犯カメラ4台を設置 新広駅周辺(中國新聞)


防犯カメラ4台を設置 新広駅周辺(中國新聞)


 呉市広古新開2丁目のJR新広駅周辺に、防犯カメラ4台が設置された。駅前の駐輪場などの様子を記録できるようになっており、広署は犯罪抑止になると期待している。広遊技業防犯協力会が呉市防犯連合会にカメラを寄贈し、連合会が10月末までに設置した。モニターとレコーダーは近くの広市民センターに置き、画像データを無線送信する。データは捜査への協力目的のみで使い、犯罪などがなければ1週間で消去する。



 広署によると、管内では1〜10月、自転車やバイクの盗難、パンクさせるなど器物損壊事件が計266件発生。このうち154件が自転車盗で、同駅周辺は管内の駅周辺で最も多い22件という。