美代子被告らパチンコ三昧…高級外車で閉店まで

橋本次郎さん(当時53歳)の死体遺棄容疑で兵庫県警に逮捕された角田美代子被告(64)ら集団生活していた容疑者8人がパチンコ三昧の生活を送っていたことが、知人への取材でわかった。




 頻繁に泊まりがけで遠方の店へも出かけ、高級雑貨や洋酒を買い集めるぜいたくな暮らしぶりを自慢していたという。県警はこうした生活を維持するために複数の家族に介入して金を巻き上げていたとみている。

 「私は玉が出なくても、一日中、同じ台を打ち続ける」。美代子被告は約5年前、大阪市内のパチンコ店で知り合った自営業者の男性に、懐具合を自慢するように言ったという。

 男性によると、この店には、美代子被告ら今回の逮捕者全員が高級外車など2台に分乗して頻繁に来店して閉店まで遊び続け、誰も定職についている様子はなかった。一行は新装開店や新規出店の情報に詳しく、「旅行を兼ねて遊んでくるわ」と言って、関東、北陸、中国地方などへも泊まりがけでパチンコに出かけていたという。

 男性は、尼崎市の美代子被告の自宅マンションに何度か招かれ、霜降り牛肉のしゃぶしゃぶなどを振る舞われた。美代子被告は、居間のショーケースに並ぶ高級洋酒などを指さして、「倉庫にもっとあるで」と自慢。男性は美代子被告らを資産家一家だと思い込んでいたという。