東京駅に新たなデジタルサイネージメディアが誕生

10月1日の「東京駅丸の内駅舎保存・復原」完成にあわせ、丸の内南北ドーム及び南北通路に新たなデジタルサイネージメディアが誕生し、放映を開始する。

 南北ドームでは、ドームの形状に沿って中心を取り囲むように、各ドームに4ヵ所、計8ヵ所の大型マルチディスプレイ「TOKYO MARU-VISION」を展開する。「TOKYO MARU-VISION」の8ヵ所にはそれぞれ異なる映像を放映することができ、また、時間帯で放映内容を差し替えることができるなど、あらゆるニーズに対応する。

 また、南北通路では連続した10本の柱に65インチの「J・ADビジョン」16面を展開する。これらにより、東京駅丸の内駅舎には、7月9日より放映を開始した丸の内中央口横総武階段の284インチ「大型LEDビジョン」とあわせて、デジタルサイネージを中心とした日本を代表する「駅」にふさわしい先進性のあるメディアが誕生する。