8月のパチンコホール経営会社の倒産2件、負債総額21億9100万円


8月のパチンコホール経営会社の倒産2件、負債総額21億9100万円



 信用調査会社の東京商工リサーチは11日、2012年8月度の主なパチンコホール経営会社には2件の倒産があり、負債総額は21億9100万円であったと発表した。倒産したのは、プレックス(埼玉県、負債額12億6000万円)と三和興産(長野県、負債額9億3100万円)。