中古パチンコ台販売のティグリス、破産開始決定 負債総額約3000万円/東京


中古パチンコ台販売のティグリス、破産開始決定 負債総額約3000万円/東京



 株式会社ティグリス(練馬区小竹町)は8月29日、東京地裁より破産開始決定を受けた。負債総額は約3000万円。

 宝石、貴金属輸入商社としてスタート。以後雑貨の輸入販売さらに貨物運送事業ほか多方面に事業拡張を展開。一時期は東京都港区および茨城県内にもオフィスを設置し、近年は中古パチンコ台の買取販売を主力事業としていた。

 しかし、不景気から納入先であるパチンコ業界の低迷により中古パチンコ台の販売が落ち込んだほか、その他の事業も精彩を欠いて業績不振がつづき事業継続を断念、昨年11月には事業を停止していた。債権届出期間は9月26日まで、第1回債権者集会は11月16日午前10時より。