明石市、津波浸水域に保育所計画 パチンコ店阻止狙い 

兵庫県明石市が、南海トラフ巨大地震による津波の浸水予測区域内にある建物に、保育所分園を開設しようとしている。隣接する旧明石淡路フェリー(愛称・たこフェリー)乗り場跡地を風営法上の規制対象とし、パチンコ店進出を阻止するための“秘策”だが、安全性を二の次に、子どもたちの施設を「盾」に使う手法は議論を呼びそうだ。(森本尚樹)




 同市によると、分園として賃借する建物は85平方メートルで、0〜2歳児15人を受け入れる。リフォーム費用2千万円を、開会中の市議会9月定例会に提案した一般会計補正予算案に盛り込んだ。

 分園開設計画は6月、「フェリー乗り場跡地を所有する不動産会社がパチンコ店への売却を検討している」という情報をつかんだ同市が急きょ決めた。

 保育園は風営法上の「保護対象施設」で、近接地にはパチンコ店やゲームセンターなどが立地できなくなる。同市は7月、不動産会社に規制を示唆した上で「歴史や文化性を考慮し、用途を熟慮」するよう求めた。

 だが、分園を設ける民家一帯(標高2・6メートル)は、南海トラフ巨大地震での最大想定高3メートルの津波が来た場合、防潮堤が途切れたフェリー乗り場部分からの浸水が予想される。さらに、ダンプカーが行き交う国道交差点に面している上、騒音や砂煙が問題となっている明石港砂利揚げ場のすぐ対岸にあり、保育環境が良好とは言い難い。

 同市は「近くに高層マンションがあり、津波到達が予想される109分間で避難できるので問題はない。0〜2歳児はあまり外出させないし、建物のリフォームに際し、安全や外気の遮断に配慮したい」と説明している。

 市議の一人は「なぜ、あの場所でなければならないのか。どうしても子どもを預けたい人はそれでも利用せざるを得ず、土地活用の駆け引きのためだとすると本末転倒だ」と批判している。