パチンコ店で店員に催涙スプレー 強盗事件として捜査 東京・台東区

5日午前10時40分ごろ、東京都台東区根岸のパチンコ店「鶯谷みとやエムワン」で、客を装った男が男性店員(45)に催涙スプレーをかけ、店内の精算機から現金約30万円を奪った。店員が男につかみかかって現金を奪い返し、男は逃走した。警視庁下谷署が強盗事件として捜査している。

 同署によると、男は同日午前10時15分ごろに入店。男性店員に「精算機から現金が出てこない」と訴え、男性店員が精算機を開けたところ、突然、催涙スプレーを吹きかけたという。男性店員にけがはなかった。

 同署によると、男は30歳ぐらいで身長約170センチ。黒の野球帽に上下黒の服を着ていたという。