「ユニバーサルフェスティバル2012IN東京ドーム」開催 〜「SLOT牙狼」先行試打会に、多くの業界関係者が来場


 ユニバーサルエンターテインメントは8月29日、東京都文京区後楽の東京ドームにおいて、「ユニバーサルフェスティバル2012IN東京ドーム」と銘打ち、パチスロ新機種「SLOT牙狼」の先行限定展示会を開催した。東京ドームにおいて遊技機の展示会が行われるのは業界初。東京ドームの広い会場を埋め尽くすほど多くの業界関係者が来場した。

 会場に設置された13コーナーの「SLOT牙狼」の試打機はすぐに来場者で埋められた。同機のスペックの詳細は明らかにされなかったが、試打した限りでは、ボーナス付きのARTタイプであり、可動ギミックや美麗な液晶演出、迫力のサウンドにより、原作の世界観を再現していた。納期も未公表であったが、営業マンによれば、10月から11月中を予定しているとのこと。同機に関する資料等の配布も行われなかった。

 イベントのオープニングアクトでは、ギタリストのマーティ・フリードマンが、牙狼のテーマ曲をギターで演奏。フリードマンはメインステージでエンディングアクトも行った。また会場には特設リングが設営され、「ユニフェス プロレス祭」として、獣神サンダー・ライガーやタイガーマスクらが所属する「新日本プロレス」と、滝澤大志や本田アユムらが所属する「KAIENTAI DOJO」によるプロレス公演が2部構成で3試合ずつ提供された。また、ブルペンを使い、ストラックアウトに挑戦するコーナーが設けられ、多くの来場者が挑戦した。屋台飲食コーナーでは、「牛メーシー」、「ミリオンドッグ」などユニバーサルグループの遊技機のタイトルにちなんだ弁当や軽食が来場者に提供された。「社の総力を挙げた一大イベント」と形容するだけある盛りだくさんの内容に、13時から17時30分までの長い開催時間であったにもかかわらず、最後までイベントをたのしんだ参加者が多かった。