パチスロ3年10カ月ぶり140万台 5号機の新規ファン定着で市場好転

パチンコホールの全国組織、全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)が行う組合員数調査によると、2012年7月末現在の全国の営業店舗数は、前月と比べて5店舗減の1万1222店舗だった。

 7月の新規店は14店で、廃業が26店舗あったものの、休業店舗数が前月比7店舗減の131店舗まで抑えられたことで、総数ではほぼ横ばいとなった。

 遊技機の設置台数は、パチンコ機が2864台減の282万2155台。回胴式遊技機(パチスロ機)は6132台増の140万1273台だった。パチスロの台数が140万の大台を回復したのは2008年9月期以来、3年10カ月ぶり。

 その他遊技機を含めた総設置台数は3268台増の422万3588台だった。

 全日遊連が台数も含めた組合員数調査を始めたのは07年1月から。調査開始当初のパチスロ設置台数は約184万台だったが、規制強化(いわゆる「パチスロ5号機」へのシフト)に伴い、同年では一気に28万5000台減、翌08年には17万7000台減、09年には10万台減と、大幅減で推移。10年6月期には125万3175台まで減り、調査開始から3年半で約3分の1のシェアを失った格好だ。