パチンコ店侵入容疑の5人逮捕 鳥取署=鳥取(読売新聞)


パチンコ店侵入容疑の5人逮捕 鳥取署=鳥取(読売新聞)



 鳥取署は25日、鳥取市内のパチンコ店のスロット機からメダルを窃取しようとして店内に入ったとして、兵庫県明石市野々上、無職立山佳生容疑者(27)ら5人を建造物侵入の疑いで逮捕したと発表した。立山容疑者は容疑を認めているという。

 発表によると、ほかに逮捕されたのは、同市硯町、アルバイト従業員薬師寺健二(43)、同市野々上、マージャン店経営、藤田雅俊(35)、同、無職高浦将史(29)、神戸市兵庫区、無職浜崎大気(27)の4容疑者。立山容疑者らは24日午後0時20分頃、鳥取市安長のパチンコ店で、スロット機を誤作動させてメダルを盗む目的で店内に入った疑い。

 店員が立山容疑者らの不審な様子に気付き110番。5人は逃げ出したが、立山容疑者は店員に取り押さえられ、駆けつけた同署員に引き渡した。ほかの4人は南に約30キロ離れた智頭町内で逃走車両に似た車に乗っているところを捜査中の智頭署員が見つけ、取り押さえた。