ダイナム、上場の狙いは社会的ステータスの獲得=佐藤社長が会見(時事通信)


ダイナム、上場の狙いは社会的ステータスの獲得=佐藤社長が会見(時事通信)



 6日香港証券取引所に上場したパチンコ店大手のダイナムジャパンホールディングスの佐藤洋治社長は9日、都内で記者会見し、上場の狙いについて「毎年200〜300人の大卒を採用するが、本人よりも家族が反対する。社会的ステータスを得て、次のビジネス拡大を狙っていきたいというのが、上場の一番の強い思いだ」と語った。

 同社は、香港に単独上場する初めての日本企業となった。佐藤社長は「(東京証券取引所など)国内で(上場を具体的に)チャレンジしたことは一度もない」とした上で、「将来、日本へのダブル上場もプラスになるなら考えないわけではないが、客観的に見てアジアに拡大していくには日本よりも香港のほうがベターだ」と述べた。