桜 稲垣早希さん、「ヱヴァ新劇場版:Q」とセガ、AGスクエア等のコラボを応援中

11月17日に全国公開となる『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』が、8月1日からセガとAGスクエア、ダーツバーのBeeの3つのアミューズメントチェーンとコラボレーションキャンペーンをスタートした。
このキャンペーンは、「遊んで、もらえるヱヴァンゲリヲンキャンペーン」と題して週替わりでオリジナルグッズを用意する。UFOキャッチャーコーナーの利用や、ダーツバーBeeでのオリジナルカクテルのオーダーで週替わりのオリジナルグッズポイントが手に入る。さらに20ポイントで綾波レイ特製フィギュアをプレゼンする。

このキャンペーンを広く知らせるため、エヴァ芸人で名高い 桜 稲垣早希さんが乗り出した。8月1日朝、セガ秋葉原4号店に、アスカのコスプレで姿を見せ、今回のキャンペーンのお客さん第1号になった。
桜 稲垣早希さんは、『ヱヴァンゲリオン』のヒロイン、アスカの物まねで知られた人気芸人、今回のキャンペーンに相応しい助っ人だ。
イベントでは稲垣さんが、早速キャンペーンに参加。「EVANGELION × HELLO KITTY ぷっくりマスコット」のUFOキャッチャーに挑戦した。なんとその場で、見事2体同時のゲットする大きな成果を見せた。
大喜びの稲垣さんは、今回獲得したプライズは、目印として自転車につけてと話した。

「遊んで、もらえるヱヴァンゲリヲンキャンペーン」は、8月1日から31日までを予定する。映画公開前の作品を盛り上げる。
週替わりのオリジナルグッズは全4種類、第1週が描き下ろしビジュアル[クリアファイル]、第2週がNERV薬局処方箋(ラムネ入り)、第3週がジオフロントへはこれを持って…[カードフォルダー]、第4週 が[入館証デザインステッカー(2枚セット)]、だ。いずれも作品にまつわる個性的なアイテムだけに、ファンには見逃せない。

また、今回、キャンペーン用に描き下ろされたビジュアルは、店内装飾やクリアファイル・カードケースなどのオリジナルグッズに使用される。さらにキャンペーン期間中は、ヱヴァンゲリヲンのUFOキャッチャー景品も充実させ、施設をヱヴァンゲリヲン一色に染める予定だ。