回胴遊商、関東・甲信越支部地区研修会開催 〜「中古機システムの精度向上を」


回胴遊商、関東・甲信越支部地区研修会開催 〜「中古機システムの精度向上を」



 回胴式遊技機商業協同組合(回胴遊商)は20日、東京都台東区西浅草の浅草ビューホテルにおいて、関東・甲信越支部の地区研修会を開催した。行政講話や組合内委員会の報告が行われたほか、事業所の震災対策について台東区役所危機管理室の鈴木廣行氏らによる講演が行われた。

 研修会へは同支部組合員を中心に計256人が参加。冒頭には伊豆正則理事長が登壇し「中古機流通システムを存続するためには、違反ゼロを実現しなければならない。そのためには各保証書の精度の向上が求められており、この点で協力をお願いしたい。販社という弱い立場ではあるが、守るべきものは守り、中古機流通制度を維持していきたい」と挨拶した。そしてパチスロ中古機流通システムの更なる精度向上を組合員に求めた。

 行政講話では、警視庁生活安全部保安課風俗営業係の高橋靖之係長が、主に不正改造防止対策、中古機運用制度、犯罪防止対策をテーマとして、警察として回胴遊商の組合員に求める取り組みや姿勢について述べた。