道内店舗(27店舗)夏期節電の取組みについて (イーグル)

道内店舗(27店舗)夏期節電の取組みについて


正栄プロジェクトは、北海道電力と政府の示す節電要請目標数値7%以上を上回る15%を節電目標とし、積極的に節電に取り組んでまいります。
弊社では昨年の東日本大震災以降、店舗の省電力化に向けてLED照明の導入などの設備対策とデマンド監視装置によるデマンド削減を行なってまいりました。今夏も積極的に、節電対策に取組んでまいります。皆さまのご理解とご協力のほどを宜しくお願い致します。

1.節電期間
7月23日〜9月14日の期間までとし、土日及びお盆期間中も含むこととする。
2.節電時間帯
節電期間中の終日。
3.節電目標
15%(一昨年同月対比)とする。
4.節電対策
(1)ネオン、看板、電光掲示板及び外壁照明等のうち、メインとなる照明は終日消灯し、トータルで30%の消灯を図る。
(2)ホール内の節電として、エアコンの設定温度を2℃上げる。
(3)電気照明器具の間引き
(4)自動販売機の照明の消灯
(5)LED照明の導入
(6)節電期間中は、特例日の延長営業を自粛する。

上記項目に加えて様々な節電対策を行ない、15%の削減を実施致します。
※店舗の判断で、一部変更することがあります。

本社ビルにおいても、空調管理、照明の間引き、従業員のエレベーター使用制限などを実施し15%の削減に取り組みます。