ロト6、教えられた数字が当選番号と一致して…

滋賀県警長浜署は29日、長浜市の無職男性(61)が数字選択式宝くじ「ロト6」の当選番号の情報料名目で約450万円をだまし取られる詐欺被害に遭った、と発表した。

同署によると、男性の自宅に4月上旬頃、情報会社の社員を名乗る若い男から「ロト6の運営会社の内部情報を知ることができる」「試しに明日のロト6の当選番号を伝える」などと電話があり、男性が翌日、インターネットで確認したところ、教えられた番号と一致していたという。

 男性は情報料名目で1000円を指定口座に振り込んだが、その後、「情報料が足りなくなった」「特別会員になる必要がある」などと言われ、6月5日までに15回、計448万1000円を求められるままに振り込んだという。

 ロト6は宝くじの一つで、1〜43の数字から6個を選び、全て的中すれば1等となる。