ピーアーク、第29期連結決算を公表 〜対前期比で減収も、遊技機費削減などにより増益を確保

ピーアークホールディングスはこのほど発行したコーポレートブック「Fun for Life」最新号(vol.7)に、2011年4月から2012年3月までの第29期の「財務ハイライト(連結)」を添付し公表した。

 同期の売上高は、1075億7100万円(対前期比93.6%)。売上減の主な要因として、輪番休業、被災店舗・リニューアル実施店舗の休業などを挙げている。売上総利益は、遊技機費などの経費を大幅に削減したことなどにより42億9300万円(同106.1%)、営業利益は16億8000万円(同128.6%)、経常利益は15億7300万円(同132.3%)。当期純利益は、店舗の減損損失3億7900万円を計上した結果、4億7000万円(同158.9%)となった。