山佐、「押忍!!豪炎高校應援團」のプレス発表会開催

 山佐は20日、東京都港区東新橋のコンラッド東京において、パチスロ新機種「押忍!!豪炎高校應援團」の、ホール関係者向け先行試打会にあわせプレス発表会を開催した。

 主催者挨拶では、企画開発部部長兼東京開発部部長の鈴木大助氏が登壇。「パチスロモンキーターン」をベースに、現在のトレンドである多彩な上乗せシステムを搭載しているという同機の特長を説明した。新機種のアンベール後に、同機の「應援團」として、漫画家の浜田ブリトニーとタレントの坂東英二が登場してトークセッションを行った。「應援團長」に任命された坂東は、現役時代の応援にまつわる思い出話を披露して会場を沸かせた。

 同機は、擬似ボーナスを搭載したARTのみでコインを増やすタイプ。「パチスロモンキーターン」のゲーム数管理テーブル方式や多彩な上乗せシステムをベースに、さらに強化した“モンキーシステム”を搭載。ゲーム数上乗せ型バトルタイプのART「團籏道(だんきロード)」は、1セット40ゲーム、1ゲームあたりの純増枚数約2.5枚。1ゲーム連「熱血ボーナス」や、高確率上乗せゾーン「森羅万象モード」を搭載する。