全日遊連、5月度の組合加盟店舗の実態調査結果を公表 〜パチスロの増加傾向つづく

全日遊連は19日現在の集計結果として、5月末日の組合加盟店舗の実態調査結果を公表した。
 営業店舗数は、前月より11店舗減少して1万1258店。遊技機の設置台数は、パチンコが前月より4243台減少して283万3776台に、パチスロが5319台増加して139万461台に、総台数では1076台増加して422万4397台となった。本年に入って、パチンコは一貫して減少、パチスロは一貫して増加している。4月に入ってから設置した店舗も多かった「モンスターハンター」の影響により、4月度のパチスロの増加台数は1万5717台となっていたが、5月度のパチスロ増加ペースは、その3分の1程度にとどまった