パチンコ店で770万円が盗難 愛荘、東近江署が捜査 滋賀

30日午前11時ごろ、愛荘町のパチンコ店で、男性従業員が「金庫内に入れた現金が盗まれた」と県警東近江署に通報した。同署によると、店内の事務所内にある金庫(高さ約1メートル幅奥行き約50センチ)の中に入れていた約1千万円のうち約770万円の現金がなくなっていた。同署が窃盗事件とみて捜査している。

 捜査関係者によると、金庫は鍵が閉められており、こじ開けるなどした痕跡もなかった。店内を物色した跡もなかった。

 別の従業員が閉店後の29日午後11時40分ごろ、事務所内にある金庫に売上金など約1千万円を入れ施錠し、帰宅。30日午前、出勤した男性従業員が現金がなくなっているのに気付いたという。