「クライミング ナンバヒップス カップ」開催  〜チェ・ジウ登場

「クライミング ナンバヒップス カップ」開催 〜副賞プレゼンテーターに平川商事イメージキャラクターのチェ・ジウ登場

スポーツクライミング競技における国内外のトップクライマーによるリードクライミング・コンペ「Climing namBa HIPS CUP‐OSAKA JPN 2012(クライミング ナンバヒップスカップ)」が13日、「御堂筋フェスタ2012」のプログラムの一環として、平川商事の運営する「namBa HIPSビル」において開催された。

 「namBa HIPSビル」は、大阪の目抜き通りである御堂筋に面した複合レジャービル。パチンコホール『ARROWナンバHIPS』などが入居する。同ビルの屋外壁面には、昨年よりクライミングウォールが設置されており、大会の開催は昨年度につづいて2回目。本年より国際スポーツクライミング連盟の公認を受けて名実ともに国際大会として開催された。平川商事は特別協賛として参加した。

 大会には、男子選手11人と女子選手10人が出場。到達した高さとタイムを競った。男子選手では世界ランキング3位の安間佐千(日本)が、女子選手では同2位のKim Jain(キム・ジャイン、韓国)が優勝した。大会終了後の表彰式には、プレゼンテーターとしてタレントの永井大と西山茉希が登場。また副賞のプレゼンテーターには、2010年より平川商事のイメージキャラクターを務めるチェ・ジウが登場した。

 「namBa HIPSビル」のクライミングウォールは、最高到達点の高さ地上40メートル、ウォールの全長25メートルという高さを持つ。御堂筋を歩行者天国にして開催された「御堂筋フェスタ2012」への多くの参加者が、クライミング競技を見上げて観戦し、競技者が華麗な登攀技術をみせるたび大きな歓声を上げた。