日本金銭機械、前期業績を上方修正 [大証]


日金銭 <6418> [大証] が4月4日大引け後(15:30)、12年3月期の連結経常利益を従来予想の9億円→11.8億円(前の期は5.1億円)に31.1%上方修正した。

会社側からの【修正の理由】
 通期の連結業績予想につきましては、国内外の需要動向、収益改善策の進捗状況、為替動向等、慎重に精査を重ねて参りました結果、平成23年5月12日に公表いたしました通期の連結業績予想を修正いたします。 売上高につきましては、国内の遊技場向機器分野におきまして、積極的な販売戦略とともに、パチスロの人気回復基調が想定以上に持続したことにより、大きく増収に貢献いたしました。 

一方、海外のゲーミング市場は、北米の一部の州で新規カジノオープンを中心とした需要動向に明るさがみられるようになりましたものの、海外市場全体では、総じて低調に推移いたしました。 営業利益、経常利益、当期純利益につきましては、国内市場の好調さを中心とした増収効果と、従前より進めております経費の削減をはじめとする経営改善策等により増益となる見込みであります。