八潮駅前のパチンコ店建設、住民反対も急ピッチで工事

つくばエクスプレス(TX)の開通に伴い、平成17年8月に開業した八潮駅(埼玉県八潮市)。その南口で急ピッチで進められているパチンコ店の建設を巡り、地元が揺れている。「市の新たな顔である駅前にパチンコ店ができたら街のイメージダウンになる」などとして住民グループが反発、市民から集めた署名簿を市に提出するなど反対運動を展開しているのだ。市にとっても駅前へのパチンコ店の進出は“想定外”で、条例による規制などはできないのが現状。

 建設中のパチンコ店は、駅南口から直線で約100メートルの距離にある。八潮市開発建築課などによると、約3670平方メートルの敷地に、6階建て延べ床面積約1万3490平方メートルの建物を建設する計画という。

 市がこの計画を正式に知ったのは4月中旬ごろ。業者から宅地開発指導要綱に基づく事前協議の相談を受けたのが最初で、「まさに寝耳に水の状態だった」(開発建築課)という。その直後の4月20日、市条例に基づいて業者が建設予定地に工事内容を記した立て看板を設置。この時点で、ようやく市民にパチンコ店の建設計画が知れ渡った。